2013年05月19日

橋下代表慰安婦問題発言で初めて謝罪した。

”【日本維新の会の橋下代表は慰安婦に関連する一連の発言後、初めて国会議員らとの会合を行い、「迷惑をかけた」と謝罪し、事情を説明しました。

 日本維新の会は18日、橋下代表ら大阪のメンバーと中田宏衆議院議員など国会議員の政策担当者らが大阪に集まり、夏の参院選で掲げる公約についての会合を開きました。橋下代表の慰安婦に関する一連の発言が出てから所属国会議員らと公式に会うのは初めてで、会議は午後1時から午後11時すぎまで10時間に及びました。松井幹事長によりますと、橋下代表は会議のなかで国会議員に対し、「誤解も含めて自分の意図と違う形で伝わっているが、迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪。一方で、発言の撤回はせず、「きちっと説明していこう」と話し、国会議員からの異論は特になかったということです。】”

謝罪したといっても、維新の会のメンバーと国会議員の一部に迷惑をかけたという謝罪であって、この発言に対して怒りを抱いた幾多の人への謝罪ではなかった。
維新の会として選挙が戦えないとしての声が維新の会内部より湧きあがてきていることに対しての対応であろうが、これでは初めて謝罪したということにはなりませんね。
「きちっと説明していこう」ということらしいですが、説明すれば説明するほど女性蔑視という橋下代表の潜在的な物が浮かび上がってきているようで、ここは女性を助けるために女性を使うという根本の発想については謝罪してしまったほうが今後の説明に対してはより良い方向のような気がしますね。


posted by katigarasu at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

昭和記念公園のアイスランドポピー

【5月6日 AFP】都内の国営昭和記念公園(Showa Memorial Park)で、アイスランドポピーが見頃を迎えている。1年のうち同園が最も混雑するゴールデンウイーク最終日の6日には、大勢の人々がポピーの花畑を楽しみに訪れた。(c)AFP
白、オレンジ、黄色の花が、西花畑を埋めつくし、子供たちは花に埋もれ、ポピーは春の陽光を受けて風に揺れている。約30万本のアイスランドポピーが見頃を迎え、訪れた人たちの目を楽しませている。
posted by katigarasu at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

北朝鮮は破滅の道を自ら選ぶのか?


北朝鮮が、10日にもミサイルを発射するといううわさが飛んでいる。
北朝鮮が新型のミサイルを日本海側に移動させ始めたり、平壌の大使館などに「10日以降の安全は保障できない」と通告したり、などの動きを見せていることなどがこの根拠とされているようだ。
どこに向けて発射されるかはわからないが、いったん発射されそのことによって何らかの被害でも出てしまうようなことがあれば、日米韓の北朝鮮包囲網は直ちに何らかの行動を生むに違いない。
北朝鮮は全面戦争も辞さずとの誇大な喧伝を展開しているが、このことは国内向けのプロパガンダだとされていることより、全面的な戦争に進む道は少ないとみられているが、小さなほころびから大きなほころびに移行することになれば、北朝鮮は自ら破滅への道筋を選んでしまうことになる。


不穏な動き “北”10日前後にミサイル発射か…

(04/08 11:46)

北朝鮮が弾道ミサイルを日本海側に移動させるなど不穏な動きを見せるなか、韓国政府は、今週中にも発射の可能性があるという見方を示しています。
posted by katigarasu at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

人への感染が確認された鳥インフルエンザの今後

これまで人には感染しなかった鳥インフルエンザウイルスの感染例が中国で確認され、死者も報告されている。

 中国政府は死者が2人の段階でこの事実を公表し、そのわずか数日後には中国CDC(疾病対策センター)が、患者から検出したH7N9というウイルスの全遺伝子データを世界各地のWHO(世界保健機関)インフルエンザ協力センターに提供した。

 情報隠蔽(いんぺい)がしばしば指摘される中国保健当局としては異例の速やかな対応だ。鳥インフルエンザウイルスが人から人へと感染する新たなウイルスに変わればパンデミック(世界的大流行)につながりかねない。その危機感が世界の研究者や公衆衛生担当者に共有されるようになった成果だろう。

 日本では国立感染症研究所がそのデータの分析を進めている。

 その分析によると、今回のウイルスは3種類の鳥インフルエンザウイルスが混ざった新しいタイプで、遺伝子の1カ所に鳥から人への感染を容易にする変化が認められた。ただし、人から人へと感染が広がるにはより多数の変化が組み合わされる必要があるが、そうした状態には至っていない。

 人から人への感染事例は確認されていないという現場からの調査結果とも符合する分析だ。パンデミックにつながりかねないことへの懸念は危機管理の観点から持っておく必要があるが、現実にその可能性はいまのところ低い。
posted by katigarasu at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

<巨人問題>もう一方の渦中の人江川氏

清武球団代表が突然の記者会見で渡辺恒夫球団会長と対立している件で、来期のコーチ人事をめぐって渦中に引きずり込まれそうな江川氏が、巨人OBとして「これ以上もめないでと願うだけ。どちらが正しいとか、そういうのは全くない」とのコメントを出しているという。
江川氏は巨人軍入団時に空白の一日として大きく報道もされ、結果小林氏とのトレードにつながって、長年の江川氏、小林氏との確執を生んだ事件を引き起こしたことがある。
江川氏は、「まだ正式に話は聞いていませんが、20年も現場を離れているにもかかわらず巨人軍ヘッドコーチに名前が挙がるということは大変名誉なことだと思います。ただし、このような状況では、入団の際、小林繁氏に大変ご迷惑をかけてしまったのと同様に、岡崎郁氏をはじめ多くの関係者にご迷惑をかけてしまうことになるので、お受けするのは難しいと思います」と話していたようだ。
過去に問題を起こした江川氏のこの発言だけに、巨人の首脳陣の対応に比べてみても、見事な大人の対応だと思える発言であった。
将来の巨人軍監督といわれたゆえんであろう。



巨人ヘッドコーチ否定の江川氏「これ以上もめないで」
デイリースポーツ 11月12日(土)8時10分配信


 巨人の清武英利球団代表兼GM(61)は11日、都内の文部科学省で記者会見し、来季のコーチ人事などをめぐって渡辺恒雄球団会長(85)が介入し、対立していることを明らかにした。
 渡辺会長がヘッドコーチに就任させようとしたという野球解説者の江川卓氏(56)は11日、日本テレビを通じて以下のコメントを発表した。
 「まだ正式に話は聞いていませんが、20年も現場を離れているにもかかわらず巨人軍ヘッドコーチに名前が挙がるということは大変名誉なことだと思います。ただし、このような状況では、入団の際、小林繁氏に大変ご迷惑をかけてしまったのと同様に、岡崎郁氏をはじめ多くの関係者にご迷惑をかけてしまうことになるので、お受けするのは難しいと思います」。
 その後、江川氏は夜、都内の自宅で取材に応じた。騒動は「午後3時半ぐらいに都内で散髪している時に新聞記者から電話があって知った」という。また、巨人OBとして「これ以上もめないでと願うだけ。どちらが正しいとか、そういうのは全くない」と話した。
 コーチ就任への交渉の事実については「どこかまでは来てるかもしれない」と明言を避け、今後の現場復帰については「野球人として名前が挙がるのはありがたいが、今季はありません」と答えた。
posted by katigarasu at 08:18| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

まぶたの上に刺青、「落ちないメイク」

 まだ、免許外で仕事として行える、法的に問題ない危険な仕事があったんですね。
日本では何でも、免許制になっていて、仕事として誰でも手がけるものなど無いと思っていたんですが、やはりあるものですね。
それが人に危害を加えることがあるとわかった以上、早急な対策が必要ですね。
免許を持っていても、不都合な事例がたくさんでていることから、免許を持つということが余りにも安易では無いかと考えていた今日この頃ですが、やはり免許無しでも出来ることがあったなんて免許制を強化する必要を感じました。
国民生活センターとして、医師免許所持者以外の施術を受けないことといっているようですが、やはりここは免許所持者で無いとセ術は出来ないということで、法改正すべきでしょうね。
アートメイクなどというソフトな名前で、まぶたの上に入れ墨を施すことですから、余りお勧めできない施術でしょう。
きちんと対処しないと、保護されない被害者が出る可能性を含みます。 
 



「アートメイク」に注意呼びかけ
TBS系(JNN) 10月27日(木)19時20分配信

 針を使って眉毛や目元の皮膚に色を入れる「アートメイク」。若い女性を中心に人気となっていますが、医師免許のないエステサロンなどでの施術により、角膜が傷つくなどの被害が相次いでいるとして、国民生活センターが注意を呼びかけています。
 「(刺しているんですか?)そうです」
 「(針なんですか?)針です」
 針を使って皮膚のごく浅い部分に色素を注入する、アートメイク。眉やアイライン、唇などの色合いを美しく見せる施術で、“落ちないメイク”として、若い女性を中心に人気です。
 「朝も忙しいときにメイクの時間が短縮できる。すごく助かってます」(施術を受けた女性)
 施術には危険も伴い、「医療行為」として、医師や医師の指示を受けた看護師が行わなければなりません。
 「アートメイクという言葉が安易すぎる気がする。メイクというよりタトゥー(入れ墨)」(よしき皮膚科クリニック 吉木伸子院長)
 しかし、実際には、資格のないエステサロンなどで施術を受ける人が圧倒的に多いといいます。
 「近くて安くてということで選ばれている方が多いですし、受ける側も施術をしている側も、医療機関でないといけないというのを知らないという方も非常に多い」(よしき皮膚科クリニック 吉木伸子院長)
 国民生活センターによりますと、アートメイクにより、目やまぶたが腫れたり、角膜が傷ついたりしたといった被害の報告は、この5年間で121件寄せられています。このうち95%が医師免許を持たないエステサロンなどの被害とみられています。
 「あまり経験がない人がやると、こういう2本のラインに」(シロノクリニック 森智恵子医師)
 エステサロンによる施術で、目元に入れたラインがにじみ、2本になってしまった女性。こちらのクリニックでは、専用の窓口でアートメイクの被害相談にあたっていますが、最近では、「思ったような仕上がりではない」といった施術の不良を訴える相談も増えているといいます。
 「全体の需要が多い分、あとから、こうではなかったというトラブル、問題を抱えて受診する人が増えている」(シロノクリニック 森智恵子医師)
 アートメイクを消すには、時間も費用も倍以上かかるといい、国民生活センターは、「本当に必要かどうかを判断したうえで、医師免許のない者による施術は受けないこと」と注意を呼びかけています。(27日16:40)
posted by katigarasu at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

電車内痴漢2時間10分、大宮-大船間

 千葉県松戸市須賀1丁目の無職の男性が、午前6時20分から8時30分の間、約2時間10分を電車の折り返しも含めてミニスカートをはいた20代の女性会社員の胸などを触り続けたというのがすごいですね。
普通2〜3回くらい触られるといやになったり、怖くなったりするものじゃないんですか。
浦和から乗車し、大宮で折り返し、次の折り返しの大船までわいせつ行為を続けたというこの男のしつこさ、異常性は注目ですね。
電車は一番混雑する時間にかかっているというのに、他の乗客はどうしていたんでしょうね。
この女性も、2時間後に「止めてください」と男の手をつかんで駅員に突き出してこの災難から逃げたというが、それまで何も出来ない状況だったんでしょうか。
そのような状況があるとすれば、どのような状況下であったのか詳しく知りたいものですね。
いまどきの女性が、弱いのか、強いのか分からなくなる瞬間だと思います。




電車内で2時間わいせつ行為、容疑の無職男を逮捕/神奈川
カナロコ 10月22日(土)22時30分配信

 大船署は22日、強制わいせつの疑いで、千葉県松戸市横須賀1丁目、無職男の容疑者(29)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、同日午前6時20分ごろから同午前8時30分ごろまでの間、JR京浜東北線浦和―大宮駅間と、大宮―大船駅間で、座席で隣にいた20代の会社員女性の上半身を触ったとしている。
 同署によると、女性は浦和駅から乗車、大宮駅で下車する予定だったが、怖くて降りられず、同容疑者は大宮駅で折り返した電車が大船駅に着き、女性が「止めてください」と手をつかんで駅員に引き渡すまで約2時間にわたり、わいせつ行為を続けたという。同容疑者は「ミニスカートの若い女性をみると触りたくなってしまう」と供述、容疑を認めているという。
posted by katigarasu at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

<埼玉>窃盗容疑で逮捕の男の車から白骨死体

さいたま市緑区の駐車場にパンクしたままで2年から3年の間放置されていた軽乗用車の中から女性と見られる白骨化した遺体が見つかったそうです。
車の持ち主の男が、他人名義のキャッシュカードを使用して現金数十万円を引き出した疑いで19日に逮捕され、窃盗事件の証拠品として調査されていた車の中から見つかったという。
遺体は車の中のプラスチック製はこの中から見つかり、顔見知りの女性だということらしいが、容疑者の男は、その遺棄に関与したことを認めているという。
駐車場の車の中に死体を放置し、数年の間誰も気づかないものなんでしょうか?、近所に臭いなどの苦情とか出ないものでしょうか?。
警察はほんとはこちらのほうの事件を調べていたのではないでしょうか?
どちらにしてもこの事件について、男の証言を待つしか無いでしょうね。




<女性白骨遺体>さいたま 車使用していた男遺棄関与認める
毎日新聞 10月22日(土)14時3分配信

 さいたま市緑区の駐車場に止めてあった軽乗用車の中から成人女性とみられる白骨化した遺体が見つかり、車を使っていた男(65)=窃盗容疑で逮捕=が遺棄に関与したことを認めていることが22日、埼玉県警の捜査関係者への取材で分かった。女性とは顔見知りとみられ、同県警は死体遺棄容疑で慎重に調べている。駐車場の近隣住民は「車はパンクしたままで、2、3年は動かされた様子がなかった」と話している。

 遺体は車内のプラスチック箱の中から見つかり、司法解剖の結果目立った外傷はなかった。男は他人名義のキャッシュカードで現金十数万円を引き出したとして19日に逮捕された。【飼手勇介】
posted by katigarasu at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

群馬県猿ヶ京、千葉の中学生が自然学習体験中に林道から転落死

 群馬県水上町相俣といえば沼田から新潟県にはいる県境に近いところで赤沢湖から水上町に抜ける県道270号線の途中にある千葉市高原千葉村という施設があるんですが、この施設へ千葉から体験学習にのぞんだんでしょうか。
千葉市立生浜中学校2年生女子松田奈々さん(14)が、校外学習のウォークラリー中に林道から急斜面を約100メートル転落して死亡したということだそうです。
松田さんのグループは5人一組で決められたコースを歩いていたが、先行する男子2人に対して松田さんを含めた男女3人が遅れ、コースを外れてしまったという。
コースを外れたときの対応、グループの役割ということが,
生徒にも教師にもまだきちんと学ばれていなかったんでしょうか、残念ですね。
コースを外れたら即危険が待っているという学習ではちょっと考えさせられてしまいますよね。
事故までの詳細がしっかり確認される必要がありますね。
授業の一環での生徒の死亡事故は、生徒にとってはかわいそう過ぎますね。 



自然体験学習の中2女子、林道から滑落し死亡
読売新聞 10月20日(木)16時51分配信

 20日午前11時40分頃、群馬県みなかみ町相俣で、千葉市立生浜中学校(佐藤好美校長)2年の松田奈々さん(14)が、校外学習のウオークラリー中に林道から急斜面を約100メートル滑落した。
 ヘリで救助されたが、頭を強く打っており、死亡が確認された。県警沼田署は、正規のコースから外れ、引き返す途中で足を滑らせたとみている。
 学校や千葉市教委の説明によると、同中の2年生187人は19〜22日の日程で、みなかみ町にある同市の施設で自然体験学習に参加。20日は午前9時半頃からウオークラリーを行い、5〜6人1組で決められたコースを歩いていた。松田さんのグループは男子2人が先行し、遅れた男女3人がコースを外れたという。
posted by katigarasu at 08:05| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

<札幌市>熊出没情報でイベント「旭山森のフェスティバル2011」が中止

札幌市朝日山記念公園近くで熊が出没し、次々と続く出没情報のため、公園はゲートが閉められ立ち入り禁止の黄色いテープが巻かれているという。
このため10日に予定していた、子供向け自然体験イベント「旭山森のフェスティバル2011」も中止になったそうです。
寄せられた情報の中には不確実な情報もあり、市は「警戒は必要だが、冷静な対応も大切」としているようで必要以上の心配が市民の間に広がっているようだ。
それにしても、街中で"熊と出会い頭"ということもありますので、くれぐれも用心は欠かせませんね。



クマ出没の札幌中心部、警戒でイベント中止
読売新聞 10月9日(日)10時32分配信

 クマの出没情報が相次ぐ札幌市中心部。7日夜の目撃情報で閉鎖された旭山記念公園(中央区)では8日、道猟友会札幌支部のハンター4人がクマを捜索、市の職員もフンや足跡などを探した。

 「クマのフンがあった」「クマが走っている」との情報は8日も市に寄せられたが、不確実なものもあり、市は「警戒は必要だが、冷静な対応も大切」としている。

 3連休の初日で、例年なら家族連れでにぎわう旭山記念公園は、入り口ゲートが閉められ、ゲートは黄色い立ち入り禁止のロープが巻かれた。「立入禁止」の札もかけられ、辺りは静まり返っていた。10日に予定していた子ども向けの自然体験イベント「旭山森のフェスティバル2011」も中止になった。
posted by katigarasu at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。