2010年02月07日

亀田弟 雪辱兄弟でチャンピオン

やっと兄と話せるレベルにきて、感動もひとしきりだったようですね。
ここまでいろいろ本人の行動が批判され制約されてきたが、それにめげずがんばってきた甲斐があったのかな。
これからは世間がチャンピオンとして扱うわけだから、気ままには行動できませんね。兄弟王者がんばれといいたい。




<ボクシング>亀田大毅が判定勝ち 日本初の兄弟王者誕生 2月7日21時11分配信 毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100207-00000036-mai-spo

 世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチ12回戦が7日、神戸・ワールド記念ホールで行われ、同級11位、亀田大毅(21)=亀田=が王者のデンカオセーン・カオウィチット(33)=タイ=に3−0で判定勝ちし、自身3度目の世界挑戦で初の王座を獲得した。兄興毅(23)=亀田=は世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者で、日本人初の兄弟世界王者となった。
【写真で見る】亀田大毅、涙の世界王座。兄・興毅も祝福
 デンカオセーンと亀田大は昨年10月に対戦し、デンカオセーンが判定勝ちしていた。
デンカオセーンは3度目の防衛に失敗した。国内ジムに所属する男子の現役世界王者は、史上最多タイの7人に増えた。
 WBA女子スーパーフライ級タイトルマッチ10回戦もあり、王者の天海ツナミ(25)=山木=が同級9位、シャニー・マーティン(28)=英国=を3−0の判定で破り、初防衛に成功した。
 【略歴】亀田大毅(かめだ・だいき) 89年1月6日、大阪市出身。「亀田三兄弟」の次男。04年5月、史上最年少の15歳3カ月で全日本実業団選手権バンタム級優勝。06年2月にプロデビューし、18歳だった07年10月に世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の内藤大助に挑戦して判定負け。
この試合での反則行為により1年間のボクサーライセンス停止処分を受けた。08年11月に復帰し、昨年10月にデンカオセーンに挑んだが判定で敗れ、今回が3度目の世界挑戦だった。右ファイター。
戦績は18戦16勝(11KO)2敗。


posted by katigarasu at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

亀田大毅選手内藤チャンピオンの自宅訪問謝罪する

ボクシングの亀田大毅選手は先のWBCフライ級タイトル戦で反則行為により1年間のボクサーライセンスの停止処分を受けた。
この対戦相手のフライ級チャンピオン内藤大助選手に対して自宅を訪れ始めて謝罪した。
この謝罪はアポイントなしの電撃謝罪だった。
亀田父は行かなかったことを思うと亀田大毅の思いで出かけたものだと思う。
先日17日の謝罪会見では亀田大樹は一言も発せず会見を終了したが、内藤選手はその模様と亀田の態度を見て、「気持ちは伝わった」として早々と謝罪を受け入れる態度を見せていた。
「もう亀田親子への怒りはなくなった」とし、会いにくればそれ相応の態度で受け入れることを明確にしていた。
とても心地よい態度と思われた。そのとおりのことが内藤選手の自宅で展開され亀田大毅は最大の謝罪を終えたということになる。



亀田大選手、内藤選手宅訪れ謝罪 史郎氏は電話「すみません」
10月18日17時34分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071018-00000117-san-soci&kz=soci

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトル戦で亀田大毅選手(協栄)が反則行為により1年間のボクサーライセンス停止処分を受けた問題で、大毅選手が18日朝、対戦したチャンピオンの内藤大助選手(宮田)を訪ね、直接謝罪した。協栄ジムの金平桂一郎会長が明らかにした。亀田側が内藤選手に謝罪したのは初めて。
 父親の史郎氏によると、大毅選手は内藤選手の東京都内の自宅を1人で訪ね、反則行為についてわびた。内藤選手はこれまでに、「もう終わったこと。もう怒っていない」と話しており、謝罪を受け入れた上で再起へ向け大毅選手を激励した。
 史郎氏は混乱を避けるため謝罪には同行せず、内藤選手に電話で「迷惑を掛けすみませんでした。次の試合も頑張ってください」と伝え、内藤選手は「いいですよ、お父さん」と応じたという。
 内藤選手の話 「お父さん(史郎トレーナー)からも電話で連絡をいただき、謝罪を受けました。大毅君は素質のある選手なので、これからも頑張ってほしいと思います」
ラベル:WBC 亀田 内藤
posted by katigarasu at 07:42| Comment(0) | TrackBack(1) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

田一家に日本ボクシング協会より処分決定

競技としての殴り合い、ボクシングで殴り合いだけでなく口での悪口雑言をはいてマスコミをにぎわしていた亀田一家をいっぺんに皆が批判を始めた。
キッカケは次男大毅の世界戦挑戦での反則攻撃である。
一家で反則の勧めをし、相手への威嚇恫喝を行ったことに対してのファンの一斉のブーイングであった。
今までの悪口雑言にファンは嫌気がさしていたのだろう。
通常の社会生活では考えられない対人対応への社会の怒りかとも思える反応である。
これを受けて日本ボクシング協会は父親亀田史郎氏に無期限の「セコンドライセンス停止処分」亀田大毅に1年間の「ボクシングライセンス停止」とすることを発表した。
この処分が辛いか、甘いかでまた話題になっている。



亀田父資格停止 最低1年以上か
10月15日22時13分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071015-00000944-san-spo

 世界戦のリングを汚した暴挙に対し、日本ボクシング協会(JBC)は厳罰で臨んだ。中でも、亀田大毅選手の父、史郎トレーナーには陣営の中で最も重い無期限の「セコンドライセンス停止処分」。解除を受けるまでボクシング界とはかかわりをもてない。兄弟の親である“諸悪の根源”に、一時退場を命じた形となった。
 史郎トレーナーは昨年9月、後楽園ホールで行われた亀田大毅選手のノンタイトル戦で、観客と乱闘騒ぎを起こし、警視庁富坂署から事情聴取を受けた上、JBCから厳重注意処分を受けた。これを含めこれまでに2度、厳重注意処分を受けている。
 今回の世界戦では試合前、「しゃー、なんやこら」などと相手側に体を寄せた。また、11回開始前に亀田大毅選手に反則を促すような言動があったと認められた。
 安河内剛事務局長はこれまでの問題行動を加味したとし、「威嚇、恫喝(どうかつ)。チーフセコンドとしてあるまじき行為」と非難。今後は選手のセコンドやトレーナーとして教えることも禁止。合宿への帯同も許されない。
 同じの処分では昭和57年、協栄ジムの故金平正紀会長が、世界戦で対戦相手に薬物の入ったオレンジジュースを飲ませていたことが発覚。平成元年まで、ライセンスは戻らなかった。史郎トレーナーも復帰には最低1年以上かかるとみられる。
 亀田大毅選手については、12回の「レスリング行為」について、故意の反則とし「世界戦のリングを冒涜(ぼうとく)するもの」と指摘。ただ、倫理委員会の斉藤慎一委員長は「前途ある選手。ひとつの苦労を乗り越えて、返り咲く可能性を秘めている」と18歳の若さに“温情”を加味したことも付け加えた。
 兄の興毅選手は、史郎トレーナーと同様に反則指示が指摘されていたが、疑惑はあるものの「100%確認できない」とし、出場停止は見送った。
 「オーナーライセンス3カ月停止」の協栄ジム、金平桂一郎会長については実際の活動にほとんど影響は出ず、「自浄作用に期待したい」とした。
 また、ジム経営者らで組織する東日本ボクシング協会(大橋秀行会長)は、金平会長を「厳重戒告」処分などとし、練習場所や合宿を独自に行っている亀田家について、今後、ジムの管理下におくよう誓約書を提出させるとした。
posted by katigarasu at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

亀田大毅 世界挑戦敗退 反則減点

試合後に内藤は「勝った結果を素直に喜びたい。思った以上にやりにくかったしパンチは簡単に当たらなかったが、前王者のポンサクレク・クラティンデーンジム(Pongsaklek Wonjongkam、タイ)に比べて弱かった。前回の試合よりプレッシャーはあったが、亀田に黒星をつけたことで国民の期待に少し応えられたと思う」と勝利の喜びを語った。


ボクシングの試合がプロレスの試合だとしてファンからブーイングの嵐となった亀田大毅の世界戦挑戦、反則減点ポイントまでもらって敗戦となった。チャンピオンの上手さについていけない亀田の若さゆえのあせりの表れだと見える。
posted by katigarasu at 10:27| Comment(0) | TrackBack(3) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

亀田大毅世界戦挑戦も敗退

亀田大毅負けましたね。
反則行為の繰り返しで減点され、観客からのブーイングが浴びせかけられ、亀田兄弟の試合では初めてのことです。
チャンピオンの試合運びの上手さに経験不足の大毅選手があせって自滅した試合だったように思えます。
内藤選手は、初防衛です。これからもがんばってもらいたいですね。


内藤タイトル初防衛、大毅に圧勝
10月11日22時53分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071011-00000015-yom-spo

 内藤は初防衛。最終回は挑戦者が反則行為で3点減点となり、王者が勝利した。
 内藤は日本人選手の最年長防衛記録。亀田大はプロ11戦目で初黒星で、日本人最年少の世界王座獲得はならなかった。(観衆6000人)
posted by katigarasu at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

亀田大毅 お兄ちゃんの前試合

亀田興毅の前試合に大毅(亀田3兄弟の二男)「浪速の弁慶」がスーパーフライ級10回戦で元インドネシアミニマム級王者モハマド・サディックと対戦し、1回37秒でKO勝ちした。

見ていても明らかな力の差を感じた。この強さではすぐにも世界戦だ。
相手にならない感じだった。強い!

お兄ちゃんの前試合だから早い勝負の決着の必要があったということだと思うが、それにしてもすばらしい左フックだった。

終わった後の歌はご愛嬌だが、いつまでも続けるわけには行かないだろう。
ボクシングをなめているという声が聞こえてくるかもしれない。
それにしても強い。これからもがんばれ! 応援してるよ。
posted by katigarasu at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田興毅 初防衛

世界ライトフライ級チャンピオン亀田興毅の初防衛戦が東京有明コロシアムで今日20日行われる。

前回8月の試合では、ダウンを奪われた亀田が最後まで踏みこたえ判定でランダエタを破り王座についたことへの批判の声が国内だけでなく世界で沸き起こった。

ランダエタの母国ベネズエラでは、「日本国内では、判定と違ってランダエタの勝利であったという意見が大勢を占めている。」というニュースまで流れた。

もちろんこれは亀田の関係者が判定したわけではないので彼の一家が責めを負うべきものではないはずだが、報道は亀田一家バッシングともいえるものであった。

今回の試合については専門家の意見では亀田の勝利という意見が多いようだ。計量時は双方とも一回でパスしたが、ランダエタのサプライズプレゼントは亀田の早々の計量所からの退散で手渡されることはなかった。

今日はテレビでしっかり観戦しこの対決を見極めたいと思います。
posted by katigarasu at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。