2007年05月13日

サッカーくじ 6億円の夢

トト宝くじ(サッカーくじ)で購入者殺到のため販売システムがダウンしてしまった。
今までそんなに購入者が殺到したことがないため、システム担当者の怠慢だと思う。
11回も連続して当選者が出なかったため、最高当選金額が6億円と膨らんでしまったのが原因だという。
金額がジャンボ宝くじの前後賞含めた当選金の2倍ということもあり、皆が夢を見ようとしたものらしい。




参考
<サッカーくじ>14日午前8時まで販売停止 システム改善
5月13日0時16分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070513-00000000-mai-soci

 最大当選金が史上最高の6億円となったスポーツ振興くじ(サッカーくじ)「BIG(ビッグ)」の販売システムに障害が発生し、一部のコンビニや特約店で購入できなくなった問題で、運営する「日本スポーツ振興センター」(東京都新宿区)は12日、システム改善のために、コンビニや特約店、インターネットでのビッグやtoto(トト)の販売を14日午前8時まで停止すると発表した。また、minitotoA(ミニトトエー)組とtotoGOAL3(トトゴールスリー)のくじ結果の公表も、売上金額など投票状況を調べるため、13日午前に延期する。
 同センターによると、購入者の申し込みが販売開始直後の12日午前8時以降の短時間に集中し、システムの容量を超えたことが原因とみられる。
 ビッグは、コンビニのローソン(約8500店舗)やファミリーマート(約7000店舗)、特約店(約2000店舗)のほか、インターネットで販売したが、一部のコンビニや特約店は販売を取りやめ、購入できなくなる人が多数出た。インターネット販売は予定通り実施された。同センターは「ご迷惑をかけて申し訳ない」とのコメントを出した。この日のビッグの売り上げは約1億4400万円だった。
 自宅近くのコンビニで購入しようとした東京都江戸川区の男性(45)は「これだけ大騒ぎして、締め切り日に買えないというのはどうかと思う」とぶぜんとしていた。【武内亮、苅田伸宏、伊藤直孝】


ラベル: 富くじ
posted by katigarasu at 07:29| Comment(0) | TrackBack(2) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

インド洋での火山活動--大規模噴火


海岸に打ち上げられたサカナの死骸は数千匹でそのうちには未だ未知の種類の魚もいたという。
インド洋にある仏領レユニオン島のピトン・ドゥ・ラ・フルネーズ(Piton de la Fournaise)火山の噴火活動による溶岩流出などでの海温の上昇によるものらしい。
この地球上では知らないことはないとして君臨している人間に警告です。
火山活動でほんの浅い海底の一部に溶岩が流れ込み、少しの変動があっただけで、もう未知の魚が出現するという現実がこの地球にはあるということです。
この地球の営みには、人間に対して大きな痛みを与えるものが多い。だが人は地球の営みに対してほとんどなすすべがないことがほとんどです。
地球の営みに逆らって破滅方向へ促進させるようなことが行われていないかもう一度考えてみよう。
posted by katigarasu at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

マグロ延縄漁船の遭難

マグロ延縄漁船で操業中遭難したと見られ、
三日間の行方不明後救出された三人が、
白い船に当て逃げされたことを明らかにした。

当て逃げしたと見られる船は、マルエーフェリーの
タカチホと断定された。

マルエーフェリーは「乗組員は衝突を認識していなかった。
船長も会社も、がくぜんとしている」というコメントをしている。

報道陣の「船長は本当に気付かなかったのか」
との質問に、
「海上保安庁の捜査能力は高いし、船員が事故を
知っていながら隠すことはあり得ない。
捜査に全面的に協力するしかない」と“隠ぺい”を否定した。

今後の捜査によって明らかにされると思われるが、
漁船程度の大きさのものと衝突しても、乗組員も誰も
まったく気がつかないし、レーダーにも相手が映って
いなかったということになれば、今後もこのような事故で
遭難死亡するケースが多く出てくるのではないかと懸念される。
posted by katigarasu at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

教育再生

「七つの提言」
  (1)ゆとり教育見直し
  (2)規律ある教室
  (3)規範意識の徹底
  (4)教員の質向上
  (5)保護者や地域の信頼に応える学校
  (6)教育委員会の見直し
  (7)社会総がかりでの教育

「4つの緊急対応」

(1)「ゆとり教育」見直しなどのため学習指導要領改定と学校教育法改正
(2)いじめ問題対応のため「体罰の範囲」に関する政府通知を3月末まで
    に見直し
  (3)不適格教員排除につながる教員免許更新制導入
  (4)教育委員会制度の抜本改革

教育再生会議が来週まとめる一次報告の最終案が明らかになった。

昨年噴出した教育問題が取り上げられてこのような報告になっているのかなという感じです。
昨年は起きている事象について何がよくて何が悪いかということが大きくニュースでも報道され、教育基本法の改正論議と重なっていろいろな意見が出された。
然しながらもともと教育とは即効性のあるものではなく、その効果は判断によっても微妙な変化をすることより、一概にその時点だけの事象だけですべてを決定し変更を進めていけるものではないように思う。
百年の計とよく言われるがまさにそれが望まれる。
しっかりとした計画を期待します。
ラベル:学校 いじめ 先生
posted by katigarasu at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

懸賞当選の思い出

懸賞などというものにはトンと縁がなく、今でも何も当選したことがありません。こんな私ですがひとつだけ思い出があります。

今現在信州長野県に住んでいる私です。もう17〜18年前になると思いますが、当時東京亀有の東和という所で、名前が、漫画でお馴染みの亀有派出所(亀有駅前にあった。)などという交番の有った駅から歩いて7分くらいのアパートに住んでいいました。

娘と嫁が駅の反対側に有ったイトーヨーカ堂へ買い物に行ったとき、たまたまそこでやっていた"くじ引き"に参加したところ、娘の引いた"くじ引き"に大きい長方形のしっかりしたコタツが当たってしまったんです。

今そのコタツは、まだ我が家で使われています。もちろんコタツの器具自体は一回壊れてしまい、器具を再購入して使用していますが、木製コタツの枠部分はしっかりしいて、大事に使っていましたので現在でも傷も目立たないない状態で現役でがんばってくれています。もちろん娘はもう成人し独立してがんばっています。



わたしの懸賞自慢大募集懸賞自慢特集実施中!
あなたの懸賞にまつわるエピソードを投稿して、任天堂DSLiteをもらっちゃおう!
締め切り:11月24日 協賛:フルーツメール
posted by katigarasu at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。