2018年11月06日

VR仙台城政宗公騎馬像前から藩制時代が見える。



 仙台市の青葉城公園では、眼下に仙台市を望むことができる。
青葉城から望む藩制時代の街並みを再現した仮想現実(VR)の試用版の公開を始めるという。
伊達政宗公の騎馬像の台座の所の看板にQRコードが掲示されており、それをスマホやタブレットなどで読み込むと仙台観光サイト「伊達な歴史の新体験」につながり、VRを無料で閲覧できるそうだ。

仙台の現在と江戸期の藩政時代の景観を比較することができるということがうれしい。

来年の3月からの本番に向けてプレリリースといううことで大変楽しみができたような気がする。

すぐ言って試してみたいものです。




https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181103_13015.html



河北新報社

---------------------------------------------------------------


posted by katigarasu at 14:48| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。