2019年02月22日

立春と七十二候

20190204

立春と七十二候


立春は24節気の第1。大寒を過ぎ冬が極まって春の気配立つ頃を言う。この頃九州など暖かい地方では梅が咲き始めるといわれる。
七十二候では初候は東風解凍(はるかぜ こおりを とく):東風が厚い氷を解かし始める時といい2月4日から2月8日までを指す。次候は黄鶯v(うぐいす なく):鶯が山里で鳴き始める頃。末候は2月14日から2月18日までで魚上氷(うお こおりを のぼる):割れた氷の間から魚が飛び出る侯という。



posted by katigarasu at 08:00| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

[七二候]

20190126

[七二候]


大寒 1月20頃より始まる24節気の最終節気で約15日間くらいを言う。その節気をまた5日間ぐらいずつに分けたものを七二候というそうです。
その最初の候は、初候-----款冬華(ふきのはなさく)-----蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す
次候-----水沢腹堅(さわみずこおりつめる)-----沢に氷が厚く張りつめる
末候-----鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)-----鶏が卵を産み始める
この後以降は2月4日、春の訪れ立春という事になります。今年は暖冬という事で2月になれば暖かくなるという予報のようですので春が早く来ないかと心待ちしている今日この頃です。



posted by katigarasu at 13:09| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

大寒と款冬華(ふきのはなさく

20190119


1月20日からはいよいよ一年で最も寒いと言われる二十四節気の最後である大寒、これをすぎれば、いよいよ春のおとずれです。


二十四節気とは一年を24に分けその区切り区切りを季節としてあらわしたものです。その24番めが大寒ということになります。その二十四節気をさらに5日ずつの3つに分けた期間の事を七十二候といいます。


1月20日ころを七十二候では「款冬華(ふきのはなさく)」といい、蕗の薹(ふきのとう)が顔を出し始めることを表しています。凍てついた地面に蕗の花が咲き始める頃。地面には雪が積もり、強い寒さが襲ってくる時期ですが、その雪の下では草花が春に向けて着実に動き出しています。


蕗の薹は独特の香りとほろ苦さが好まれ、天ぷらや煮物やフキ味噌などにして食べられています。茎は地中に伸びていき、地下茎から地表に出てきた花のつぼみが蕗の薹です。


私たちがフキとして食べているものは茎ではなく、葉と地下茎の間の葉柄という部分ですが、地下茎が地表に出てくることもあるようですが有毒のようです。



posted by katigarasu at 10:40| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

日本一の砂丘?

20190102新年あけましておめでとうございます

砂丘日本一は鳥取砂丘ではなかった!!


日本一大きい砂丘は青森県の猿ヶ森砂丘だそうです。日本一の砂丘は鳥取砂丘だと思っている人が日本人のほとんどだと思われます。

では何故鳥取は日本一と言われているのでしょうか。それは単に知名度だと思われます。日本では100以上の砂丘があるといわれていますが、鳥取砂丘のみがダントツの知名度なのです。

なおかつ青森県下北郡の砂丘は猿が丘砂丘というそうですが15000haの広さにもかかわらず、防衛省の下北試験場としての弾道試験場となっており通常立ち入り禁止で、一般の観光が不可能となっているようです。

そこで鳥取砂丘では、日本一の観光可能な砂丘として表現され、日本一の呼称を実現しているといえます。



posted by katigarasu at 16:50| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

雷回避

雷につての回避方法がしめされていました。やはりうちの中か車の中が一番良いようです。

20181214


雷を回避するベストな方法



「雷を回避するには高い木の近くに避難しろ」「金属製のものをつけていると雷が落ちやすい」雷の回避策としてまことしやかに語られるこれらの情報はどちらもウソです。


高い木には雷が落ちやすいうえに、木よりも人間のほうが電気が流れやすいため、木から人間に雷が移動する「側撃雷」を受けてしまいます。また雷の落ちやすさは金属の有無ではなく、「高さ」に左右されるため、後者の情報もウソです。


雷を回避する最善の方法は車や建物に入ること。それができなければ高い木の保護を受けつつ側撃雷を受けない位置、すなわち木の先端の45度の範囲内(円錐形)で、かつ木から4m以上離れた位置に避難しましょう。
posted by katigarasu at 16:57| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雷回避

雷につての回避方法がしめされていました。やはりうちの中か車の中が一番良いようです。

20181214


雷を回避するベストな方法



「雷を回避するには高い木の近くに避難しろ」「金属製のものをつけていると雷が落ちやすい」雷の回避策としてまことしやかに語られるこれらの情報はどちらもウソです。


高い木には雷が落ちやすいうえに、木よりも人間のほうが電気が流れやすいため、木から人間に雷が移動する「側撃雷」を受けてしまいます。また雷の落ちやすさは金属の有無ではなく、「高さ」に左右されるため、後者の情報もウソです。


雷を回避する最善の方法は車や建物に入ること。それができなければ高い木の保護を受けつつ側撃雷を受けない位置、すなわち木の先端の45度の範囲内(円錐形)で、かつ木から4m以上離れた位置に避難しましょう。
posted by katigarasu at 16:56| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

自動運転進行中


<自動運転>冬季の走行検証へ 秋田・上小阿仁で国の実証実験 | 河北新報社
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171204_43005.html

自動運転の実験が日本中で行われているようです。秋田県の北部に位置する道の駅"かみこあに"


、国道285号沿いの秋田杉で囲まれた山間にあります。
この冬もここ上小阿仁でも全長3.2Kmを30分かけて走るルートで冬季検証実験が4日から10日の期間行われる予定だそうです。

この地域は、65歳以上の高齢者を含む所帯が全体の63%を占め地区では免許返納者が増え、このままでは外出もままならぬことになってしまうという危機感から、自動運転の車ならば、安全の事を考えても早く普及するようになればとの期待が高いようです。



posted by katigarasu at 12:06| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

VR仙台城政宗公騎馬像前から藩制時代が見える。



 仙台市の青葉城公園では、眼下に仙台市を望むことができる。
青葉城から望む藩制時代の街並みを再現した仮想現実(VR)の試用版の公開を始めるという。
伊達政宗公の騎馬像の台座の所の看板にQRコードが掲示されており、それをスマホやタブレットなどで読み込むと仙台観光サイト「伊達な歴史の新体験」につながり、VRを無料で閲覧できるそうだ。

仙台の現在と江戸期の藩政時代の景観を比較することができるということがうれしい。

来年の3月からの本番に向けてプレリリースといううことで大変楽しみができたような気がする。

すぐ言って試してみたいものです。




https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181103_13015.html



河北新報社

---------------------------------------------------------------
posted by katigarasu at 14:48| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

磐梯吾妻スカイライン周辺

2018/10/23
福島県磐梯吾妻方面に行ってみました。本当は西吾妻スカイラインのほうへ行きたかったんですが、
9月から火山活動が活発化しておりスカイラインのほうへの進入はできませんでした。


KIMG0605.JPG  KIMG0608.JPG


【磐梯吾妻スカイラインの通行規制について】9月15日13:00、吾妻山噴火警戒レベルが1から2に引き上げられ、
火口周辺入山規制となります。入山規制に伴い磐梯吾妻スカイラインは全面通行止です。
posted by katigarasu at 20:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

鳥インフル in China



【6月11日 AFP】中国を中心に感染が拡大していた鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の10日時点での入院患者数は14人にまで減っていることが、中国の衛生当局の発表で分かった。

 中国国家衛生計画出産委員会(National Health and Family Planning Commission)の9日夜の発表によると、中国本土でこれまでH7N9型ウイルスへの感染が確認された131人のうち、39人が死亡、78人が退院し、現在も入院している患者は14人となった。患者数はこれまで毎週発表されていたが、今後は月ごとに発表するという。

 H7N9型ウイルスの感染者は台湾でも1人確認されている。(c)AFP続きを読む
posted by katigarasu at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする